和布/和生地の布がたりは和風布地/和調生地通販サイト。和柄コットン、割引販売、加工にも対応

マスク用の布について~ガーゼとさらし

こんにちは。布がたりの上田です。

新型コロナウイルスの影響でマスクの入手が難しく、手作りされる方も多いですね。

 

布がたりでも以前からダブルガーゼ生地を販売しておりますが、

ここのところ品切れが続き、入荷してもあっという間になくなっている状況です。

 

タイミングによっては即納可能ですので、まめにページをごらんいただけると幸いです。

 

ガーゼ生地がない場合は、ほかにも使えそうな布があります。

 

たとえば、さらしはいかがでしょうか?

さらし生地ガーゼに

> さらし10m巻

 

たとえると、シングルガーゼに似た生地で、

無地の手ぬぐいと言うとわかりやすいでしょうか。

 

マスクに使う生地がなくてお困りの方は、お試しくださいね。

ブログ 布がたりより 布・生地について | 2020.02.29

無地一越ちりめん(濃い木苺色)について

こんにちは。布がたりの上田です。

この度発売した無地一越ちりめん(濃い木苺色)は、諸事情により限定量の販売になるかもしれません。

今のところはたっぷり在庫がございますが、お気に入りいただけましたらお早めにご購入ください。

ぼたん色よりも濃いトーンで、落ち着いたラズベリー系の赤紫色です。

 

無地一越ちりめん(濃い木苺色)

無地一越ちりめん濃い木苺色

 

長くなりますが、経緯をご説明させていただきます。

 

昨年、大手のちりめん染工場が突然廃業し、ちりめんの生産が全般に滞っております。

 

新しい工場での染めを開始しておりますが、従来と同じ色や質感を出すのはとても難しく、思うように生産が進んでおりません。

 

ご存知の方も多いと思いますが、レーヨンのちりめんは非常にデリケートで、気温や湿度、水質など環境により色の出具合も異なり、仕上がり具合を職人さんの勘に頼っている部分が大きい布なのです。

 

普段でも色や質感に違いが生じるのですが、新しい工場でこれまでとは違う職人さんたちが染めているので、テスト生産を経たとしても、従来と同じものを作るには困難をきわめます。

 

今回の濃い木苺色は、実はぼたん色として生産し、弊店に入荷したのですが、ぼたん色として販売するには色の差が大きいため、別の色として販売することにした次第です。

 

色味が違うという理由で返品し、再加工を待つ選択もあったのですが、職人さんたちの努力でできた布を無駄にするのは申し訳なく思い、今回の販売にいたっております。

 

お客さまにとっても、品切れが増えてばかりよりも、少しでも手に入るものがある方がよいのではないかと考えております。

 

このような訳で、濃い木苺色は偶然できたというべき色ですので、在庫限りになると思われます。ご理解の上、ご活用いただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

布がたりより 布・生地について | 2020.02.16

トップに戻る