和布/和生地の布がたりは和風布地/和調生地通販サイト。和柄コットン、割引販売、加工にも対応

海外でのキット制作 Part-2

魔法使いサリー さまより

作品が出来ましたので写真をお送りします。
以前に市販で購入した4点は御社を通して発売されております製造会社です。
最初のは福鈴まり、2番目のは五色の猫のお手玉、
3番目のは五色の招き猫、最後のは縁起フクロウです。

SetsukoM20190212-2

 

 

下記の4点は申の豆色紙祈願絵馬と干支の編みぐるみです。

 

SetsukoM20190212-1 

申の祈願絵馬の椿の花にがくを付けた方が花らしくなるので付けました。
幸福のひつじは白の毛糸がほとんど1玉あまりましたので、小ひつじも作りました。
子ひつじには赤いリボンを付けました。
頭の後ろと足の部分が足りなくなったので、親子のイノシシの白のあまりの毛糸で補いました。
福福おんどりくんは七色の尾をつけると可愛いおんどりになりました。
あっぱれおさるさんは装飾物があって作っていても楽しいです。

ただ他の2つの手芸用綿は使い残りがあり、幸福のひつじは子羊を作っても綿は少しですが残りましたが、
あっぱれおさるさんは綿はかろうじて使い果たしました。
しっかり詰めると見栄えがいいのでこれまでもそうして作っていますが、そこは調節しました。
それと、編み終わりの糸端を約30cとありますが、おんどりくんのとさかと肉たれはひとつだけで用が足りるし
編み合わせをするところもそんなに長く残さなくて用が足せました
刺繍糸で編んだのは初めてですが、金ラメ糸は編むのにはそうでもありませんでしたが、
縫い付けるのに糸がわかれて縫いにくかったです。
陣羽織の葉は花をつけてから刺繍した方がはなびらの位置がわかって作りやすいです。


木目込み人形の難易度としては、H>K>Sの順でだんだん難しくなりますということですが、
商品の価格を見ますと、難しくなるほど値段の方もかなり高くなるのがわかりましたので
手ごろな値段は全て初級者用になっていますので、挑戦してみたいとは思いますが初級者用のものを
2,3点作るつもりです。


私の作品を気に入っていただけると幸いです。

布がたりより

今回もたくさんお写真を送っていただきまして、ありがとうございます。
海外で日本のものを手作りなされていると、できた作品を眺めていてるだけで日本との繋がりが感じられて癒されますね。

多種多様な作品に毎回チャレンジされていて、とても感激いたします。どれも可愛らしく仕上がっていますね。
また、作品についてのコメントもたくさんありがとうございます。

今後もお役に立てればと思いますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

| 2019.02.14

トップに戻る