和生地/ちりめん専門店の布がたりは和柄生地・手芸通販サイト。生地の割引販売、加工にも対応

布がたり20年の歩み(2)

「布が好き」といっても、それがどう仕事になるのか――もいろいろ考えました。

 

・好きなことは仕事にせず趣味にとどめておいた方がいいという考えもある。

 

・布が好きだから布を売るのか、布で作る人になるのか、作ったものを売る人になるのか。

 

・布を売るならどんなものを誰に売るのか。

 

…などなど。

 

プロヴァンス地方のプリントも好きで、ひとりで南仏旅行をしてみたり。

プロバンスプリント

 

外国の生地を輸入することも考えましたが、最終的に日本のパッチワーク向き木綿生地をインターネットで海外に売ることに決めました。

 

通販は生地の素材感を伝えにくいですが、パッチワーク向きなら一定の質感が共通認識としてあるのではと考えたからです。

 

英語サイトを作って海外に売ると決めたものの、いきなり海外向けに販売するのはハードルが高いので、まずは国内向けから始めることにしました。

ブログ 布がたりより 日記 | 2022.06.10

布がたり20年の歩み(1)

2022年5月で、布がたり開店から満20年を迎えることができました。

ありがとうございます!

 

ネット通販の歴史とも重なるこの20年を、少しずつ振り返ってみようと思います。

 

布がたりは店主・上田が、ただただ《布が好き♪》の思いで始めたインターネット通販専門のお店です。

 

始める前は、布や手作りとはまったく無縁の仕事をしていたのですが、それを一生続けることに疑問を感じ、別の可能性を探り始めます。

 

別の仕事を決めるにあたり考えた条件は3つ。

・好きなことをしたい

・ひとりで始められる

・それほど資金が要らない

 

好きなこと=手作り、特に布を使うこと⇦これは自分の中で明確でした。

 

幼稚園の頃からいろいろな手芸を楽しんでいて、思い出せるところでは・・・

ビーズ、刺しゅう、編み物、フックドラグ、アートフラワー、パッチワークキルト、洋裁などなど

どれも楽しかったです(^^)

 

祖母や母から教わったり、本を見て始めたり、見よう見まねだったり…やり方はいろいろですが、

何かができた時の喜び・達成感は何にも代えがたく、いろいろなことに挑戦していました。

 

職業用ミシン

▲写真は、母から譲り受けた約50年もの(?)の職業用ミシン
これでいろいろ縫いましたが、まだまだ現役です

 

そんなことを改めて思い出した、布がたりの開店前です。

 

ブログ 布がたりより 日記 | 2022.05.26

和布ソーイングvol.18 掲載生地ご紹介

いつもおなじみ『和布ソーイング』の18号に、2つの生地を提供しています。 和布ソーイング18

 

生地は以前から販売していますので、ご覧いただいているかもしれません。

 

和柄コットン生地 伝統柄かごめ文様(えんじ)

籠目柄ドビー生地

 

和柄コットン生地 ひょうたんに松竹梅

ひょうたん柄ドビーコットン

 

ひょうたん柄は、掲載されたグレーは、残念ながら完売しました。

掲載作品を参考に、ご活用いただけると嬉しいです♪

 

布がたりより 布・生地について メディア掲載情報 | 2022.05.26

日本ホビーショー2022 出展ご報告

4/27~4/29に東京ビッグサイトで開催された「日本ホビーショー2022」に共同出展いたしました。

日本ホビーショー

 

今回の出展は、布がたりが 京都のちりめんメーカー・西村庄治商店さんの公式販売サイトになったご縁によるもので、関連する

○日本つまみ細工コーディネート協会さん

○折り紙アーティストの折居和美先生

とご一緒させていただきました。

 

日本ホビーショー2022出展

 

布がたりは、ちりめんの展示・販売を担当!

いつもは画面で見ていただいているちりめん生地に、実際に触れていただくことができました(^^)

 

ホビーショー2022布がたり

 

定番の人気生地以外にも、

折居先生がワークショップに使われていた「ちりめん折り布」

ちりめん折り布おりふ

 

ホビーショーで初お目見えとなった一越ちりめんの水玉状のぼかし柄

ホビーショー布がたり

 

など、実物でこそ良さが伝わる商品にも注目していただけて、ありがたかったです。

 

また、何より嬉しかったのは、いつもご注文してくださっているお客様が会いに来てくださったこと!

 

中には、わざわざ作品を持ってきてくださった方や、お写真を見せてくださった方もいらっしゃいましたよ。

 

▼dimple さまの作品です▼

ホビーショー布がたりお客様の作品

 

ネット上のやり取りとは違う形で交流ができ、本当に貴重な機会となりました。

 

▼さゆう さま・シルバニアハンドメイドコンテストノミネート作品▼

ホビーショーsayou様作品

 

もちろん、新しいお客様との出会いもたくさん!

こんなものを作りたいんだけど・・・というご相談に乗るのも、その場で生地を見ながらだとやはりスムーズに進みますね。

 

実際にお会いすることの大切さを実感いたしました。

コロナ禍の中、3年ぶりに開催された日本ホビーショー。

本当にありがたい機会を頂きました。

 

ご来場くださった皆さま、

ご一緒してくださった 日本つまみ細工コーディネート協会の皆さま、折居和美先生、そして西村庄治商店様、

ありがとうございました。

 

 

ブログ 布がたりより | 2022.05.10

★レビューキャンペーン★ キュプラレーヨン羽二重

キュプラ羽二重レビューキャンペーン

 

つまみ細工用の新素材 キュプラレーヨン羽二重

 

2月の発売以来、おかげさまで ご購入者様は230名を超え、通算3,640枚を出荷いたしました!

 

全20色セットをご購入の方が圧倒的に多く、新素材への皆さまの熱い期待を感じております。

 

「気になってるけど、まだ試してない」

という方も多いと思いますので

既に使っていらっしゃる方からの生のお声をご紹介したく、レビューキャンペーンを実施いたします!!

 

布がたり本店(公式サイト)の会員さま限定

 

キュプラレーヨン羽二重の商品レビューを書いてくださった方に

もれなく200ポイントをプレゼント(^^)

 

【注意事項】

・会員ログインしてご購入された商品のみレビューを投稿できます。

・同じ商品に複数のレビューは投稿できません。

・レビュー書き込み後、ポイントが反映されるまで少しお時間を頂戴します。

・商品とは無関係のレビュー・不適切なレビューは、対象外とさせていただきます。

・予定人数に達し次第、キャンペーンは終了いたします。

 

今からご購入の方でも、ご購入後すぐにレビューを頂けると、おそらく間に合うと思います。

 

皆さまのご感想をぜひお寄せくださいませ。

よろしくお願いいたします!

 

▼商品ページの「レビューを書く」からお願いします▼

 

キュプラレーヨン羽二重 無地20色セット A4サイズ(約21×30cm) つまみ細工用

 

キュプラレーヨン羽二重 無地 A4サイズ(約21×30cm) つまみ細工用

ブログ 布がたりより つまみ細工 | 2022.03.29

マスクを手ぬぐいで手作り♪

こんにちは。布がたりの上田です。

相変わらずのマスク不足で、手作りされる方が多いですね。

マスクには定番のガーゼ生地もまだ品薄で、先日ご紹介したさらしも品切れ・・・。

 

でも、使える生地はまだまだありますよ~(^^)

 

おすすめは「手ぬぐい」

日本料理店の着物姿の仲居さんにもお似合いの、ちょっと和風テイストのマスクを作ってみましたよ。

 

手作りマスク和風手ぬぐいで

使ったのは、こちらの

手ぬぐい・小花に千鳥(赤)

手ぬぐい千鳥柄マスクに

 

お隣りの「日本料理・卯之庵」で仲居さんがこのマスクを着けていたら、お客さまから「同じものを売ってないの?」と嬉しいお声。

 

卯之庵で手作りマスク

 

残念ながら作ったものはないので、こちらの手ぬぐいをご紹介。他の手ぬぐいもあわせて買ってくださいました!

 

手ぬぐいを含め、手作りマスクにおすすめの商品をサイトでご紹介しております。

ごらんくださいね。

 

手作りマスクの材料

 

布がたりより 布・生地について 縫い物日記 | 2020.04.09

マスク用の布について~ガーゼとさらし

こんにちは。布がたりの上田です。

新型コロナウイルスの影響でマスクの入手が難しく、手作りされる方も多いですね。

 

布がたりでも以前からダブルガーゼ生地を販売しておりますが、

ここのところ品切れが続き、入荷してもあっという間になくなっている状況です。

 

タイミングによっては即納可能ですので、まめにページをごらんいただけると幸いです。

 

ガーゼ生地がない場合は、ほかにも使えそうな布があります。

 

たとえば、さらしはいかがでしょうか?

さらし生地ガーゼに

> さらし10m巻

 

たとえると、シングルガーゼに似た生地で、

無地の手ぬぐいと言うとわかりやすいでしょうか。

 

マスクに使う生地がなくてお困りの方は、お試しくださいね。

ブログ 布がたりより 布・生地について | 2020.02.29

無地一越ちりめん(濃い木苺色)について

こんにちは。布がたりの上田です。

この度発売した無地一越ちりめん(濃い木苺色)は、諸事情により限定量の販売になるかもしれません。

今のところはたっぷり在庫がございますが、お気に入りいただけましたらお早めにご購入ください。

ぼたん色よりも濃いトーンで、落ち着いたラズベリー系の赤紫色です。

 

無地一越ちりめん(濃い木苺色)

無地一越ちりめん濃い木苺色

 

長くなりますが、経緯をご説明させていただきます。

 

昨年、大手のちりめん染工場が突然廃業し、ちりめんの生産が全般に滞っております。

 

新しい工場での染めを開始しておりますが、従来と同じ色や質感を出すのはとても難しく、思うように生産が進んでおりません。

 

ご存知の方も多いと思いますが、レーヨンのちりめんは非常にデリケートで、気温や湿度、水質など環境により色の出具合も異なり、仕上がり具合を職人さんの勘に頼っている部分が大きい布なのです。

 

普段でも色や質感に違いが生じるのですが、新しい工場でこれまでとは違う職人さんたちが染めているので、テスト生産を経たとしても、従来と同じものを作るには困難をきわめます。

 

今回の濃い木苺色は、実はぼたん色として生産し、弊店に入荷したのですが、ぼたん色として販売するには色の差が大きいため、別の色として販売することにした次第です。

 

色味が違うという理由で返品し、再加工を待つ選択もあったのですが、職人さんたちの努力でできた布を無駄にするのは申し訳なく思い、今回の販売にいたっております。

 

お客さまにとっても、品切れが増えてばかりよりも、少しでも手に入るものがある方がよいのではないかと考えております。

 

このような訳で、濃い木苺色は偶然できたというべき色ですので、在庫限りになると思われます。ご理解の上、ご活用いただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

布がたりより 布・生地について | 2020.02.16

トップに戻る

法人様・企業様